自分を見つめなおすことができれば遅すぎることはない

高校生のとき、学校の実力テストでクラスの1位になったことがあります。このことを誰かに話すと皆、「すごいね」と言ってくれますが、このことが、その後の自分の人生に悪い影響を与えていたことに、最近になってやっと気がつきました。というのは、当時それほど勉強はしていなかったからです。

勉強もしていないのに、クラスで1位になるなんて、自分は頭がいいんだというふうに思い込んでしまったのです。そのため、人一倍努力するという姿勢に欠け、何事も要領よく立ち回るようになってしまいました。

IT技術者を極めたいと心に誓ったこともありましたが、目先の仕事をこなすだけで精一杯でした。そしてそんな自分を誤魔化して、高スキルのIT技術者に見せかける努力だけはしてきました。しかしその化けの皮が剥がれるときがやってきたのです。

簡単だと思った仕事が、今までの経験では歯が立ちませんでした。実力の無さを指摘されるつらい日々が続き、何度逃げたいと思ったかわかりません。しかし何とか途中で投げ出さず、最後までやり切ることができたのは、若い頃にやり切ることの大切さを教えてくれてくれた、当時の先輩方のおかげだったと思います。

このことでIT技術者としての自信が地に落ちてしまいましたが、誤った自己認識が根底にあることに気がついたことは、大きな収穫だと考えています。もし自分が本当に頭がいいなら、今頃は既に頂点を極めているはずなのです。

IT技術者としては無理かも知れませんが、頂点を極めるのは、今からでも遅くはないと思えるようになってきました。