アレ?なんでだろう?ICカード乗車券の料金支払の不思議

日頃の生活でなんとなく気付く事ってありませんか?自分は前からJRの料金について気になっている事があります。まず自分は電車通勤をしているので、定期券を購入します。

定期券は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の単位で購入しますが、仮に1ヶ月10000円、3ヶ月25000円、6ヶ月45000円だとしましょう。それについては最寄りの駅から目的地の駅までの計算で、区間設定されているし定期券の期間内であれば最寄駅から目的地の駅まではもとより、その区間内であれば乗り降り自由ですし、(行かないですが)仕事が休みの日であったとしても区間内を何往復しようと定額ですよね。

もっとも、定期を持っていたらその辺の部分は気にしませんけど。ただ、切符となるとどうでしょう?自分の最寄駅から目的地まで500円掛かるとします。単純に目的地まで行くだけなら良いですが、ちょっと急用が出来てその隣の駅に行かなければならなくなると一回改札を抜けたが最後、隣駅までの代金を払う羽目になります。

しかも、最初の乗車駅から乗った料金だと最初に目指した目的地と同じ料金なのになんとなく納得出来ない。決まり事だから払わない事には仕方無いんですが、納得はしづらい感じがします。ここまでは以前からずっと気になっていたんですが、最近気づいたおかしな事はこうです。

最近は色々と便利になりましたから切符や定期券も紙媒体からICカードに形を変えましたね。(紙媒体が無くなったわけじゃないですけど)金額さえチャージしておけば目的地まで買わなくても自動改札で必要な金額を引いてくれます。

自分がよく乗る区間では最寄駅から目的地まで切符を買うと320円なんですが、ICカードから引かれた金額を見ると324円……アレ?4円多く引かれてる。ソレはおかしくないのか?普通、バスに乗るにしても片道200円の所を10回乗ると1回分サービスになりますという昔でいう回数券のような料金形態にしていませんか?

なのに、JRときたら紙媒体の切符なら今までと値段が変わらないのに、ICカードから引く時には余分に引く!そのクセ、サービスは向上するどころか低下しているし、最近はワケのわからない理由で停まったり遅れたりが多過ぎる!寧ろ料金から少しずつでも返却して欲しいぐらいなのに……凄く損した気分になります。